スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

破魔弓の選び方

  • 2011/12/11(日) 20:24:41

破魔弓のいわれ
~なぜ破魔弓を飾るの??~

破魔弓は、「魔を破る弓」という意味があり、鎌倉時代の頃から、男の子にお正月の祝い物として贈られていました。
弓と矢は、昔から邪気をはらい悪霊を恐れさせる武勇の象徴でした。現在でも、神社では初詣でに破魔弓を渡し、大相撲では最後に弓取り式を行います。
また宮中では、皇太子のご誕生の際、魔除けのために、弓の弦を引いて音を立てる「鳴弦(めいげん)の儀」が取り行われます。

「うまれてきてくれてありがとう」 という感謝と感動の気持ちとして、
「元気にたくましく育ちますように」 という成長と幸せを願う形として、

重厚で気品のある破魔弓を飾ります。


破魔弓飾りの選び方

(1)素材
破魔弓は多くの自然素材を使っています。
天然の素材か?人工の素材か?は破魔弓を選ぶ重要なポイントです。

破魔弓の選び方1
素材・加工技術の違い(クリックで拡大します)

①矢
天然の羽根を使っているか、羽根を長く使っているか、きれいなカットかをご覧下さい。
また矢の上部分の矢筈(やはず)にも、木製ろくろ引きののもの、プラスチック製のものがございます。

②弓
プラスチック製のものと木製のものがあります。
弓に巻いてある弦巻にも、ビニール製や籐製のものがあります。
弓自体の素材はそれほど目立ちませんが、弦巻は籐の方が趣があり、お薦めをさせて頂いています。

③台・ケース
弓と矢を支えるための飾り台・背板もプラスチック製や木製のものがあります。
自然の素材を使ったものは、近くで見ても遠くで見ても飽きがこず、趣や重厚感があります。


(2)木工加工
木の加工の多い破魔弓では、その加工技術も重要なポイントです。
単純なカットだけで無く、曲線・曲面を造って、やわらかさや面白さを出したもの、
またルーター加工という面取りの技法でおしゃれさを加えたものもあります。

happou3.jpg
ルーター加工を施した破魔弓飾り

(3)造形美
弓と矢のバランスや背板の造形、巻かれている組紐の流れの美しさ、など全体のデザインを見て、気に入った商品をお選び下さい。
塗り・木目を活かしたもの・竹・桐などケースの素材や塗りによっても雰囲気が変わります。

破魔弓の選び方3
木目ケース

生駒③
塗りケース

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。